スタッフブログ

外国製機器紹介(その2)

榎本 真子 自己紹介へ
2020/01/28(火) 榎本 真子

日本製とはどこが違うのか、外国製メーカーを比較していきます。

【日本製食洗機】
日本製の食洗機はスライドオープンタイプが主流になります。スライドオープン式のいいところは腰を屈まなくスムーズな導線。また洗浄時間が海外製の物より短縮できます。
→・Panasonic・リンナイ・三菱

【海外製食洗機】
海外製の食洗機の多くはフロントオープンタイプが主流になります。その分一度に洗浄できる容量もかなり大きくなっています。日本製では≪予洗い≫が必要ですが、海外製食洗機は洗浄力が高いので≪予洗い≫なしでOKです!
→・Miele・GAGGENAU・ASKO・AEG・BOSCH

日本製と海外製ビルトイン食洗機の大きな違いは、収納量・洗浄時間・洗浄力の違いになります。海外製の食洗機メーカの特徴を簡単にご説明します。

 
海外製食洗機の中でも約6割のトップシェア率。白を基調とした色で清潔感がある。

ドイツ高級メーカー。スタイリッシュなデザインなので幅広く人気。

 
スウェーデンの全自動洗濯機開発から始まり、古くからの家電メーカで有名。

 

 
ドイツメーカー別名エレクトロラックス社。導入にあたり安価で収まる。


車の製品や部品製造、デザインがユニークで実用性が高い商品がい多い。

 

次回は外国製食洗機それぞれのメリット・デメリットを紹介します。(^^♪

 



最新事例や日々の動きをSNSでも発信中。 よろしければフォローお願いします♪

Instagramアカウント

Facebookページ

Pinterestアカウント

アンビアンス公式LINEアカウントで季節のイベントやお得情報をいち早くお届けしています♪
LINEからのご質問やお申し込みも可能です(^^♪

ともだち追加はこちらから↓↓

友だち追加

記事一覧

1ページ (全20ページ中)

ページトップへ