野木 あや 自己紹介へ

切れっぱしクラブ第⑰弾

今回は現場ででた檜の端材で研ぎ台を製作しました。

 

檜は針葉樹の中でも最も水気、湿気に強い材なので研ぎ台に適しています。

 

鑿で彫り込んでそこに研ぎ石を設置します。

 

 

底の部分も少し工夫を凝らしました。

 

 

 

 

少しずつではありますが鑿を叩くのにも慣れてきました。

今回は隙がなく納められたことには満足しています。
でも、台の脚の部分であったり見えない部分の出来はまだまだでした。

 

この研ぎ台を使いながら初心を忘れず日々鍛錬していきます。

1ページ (全56ページ中)