切れっ端クラブ 第㉕弾!

今回は鴨居の端材を利用して『砥石台』を製作していきたいと思います。

材種は水に強い檜材です。
墨付けをして、鋸で切っていきます。加工してからの側面の鉋仕上げ作業はやりづらいので、先に側面を鉋で仕上げます。

次は全体に細かく墨付けをしていきます。

墨付けが終わればいよいよ加工に入ります。

砥石を台に乗せた時にカタつきが無いよう、差金で高低差を見て高い所は鑿で削り微調整をしていきます。

最後は鉋で面を仕上げていきます。
サンドペーパーで仕上げてしまうと、木に水が浸透しやすいので鉋で仕上げていきます。

コンパクトに使いやすい様に収納ケースの上に渡して使えるように加工しました。

完成です。販売されている物を購入するよりも自作した方が、色々と使い勝手を工夫できるので良い物が出来上がると思います。

1ページ (全58ページ中)