スタッフブログ

瀬戸 龍哉 自己紹介へ

屋根工事を紹介します その①

今回は屋根のカバー工法をご紹介致します。

 

先ずは施工前の写真↓

 錆や塗膜が剥離しているところもチラホラとここまで劣化すると葺き替え工事の合図です。

そして、詳しく観てみると、、、

 ヒビやコケも数カ所見受けられました。

 

◆ここからは、カバー工法の工程をご説明致します

先ずはアスファルトルーフィング(防水シート)を敷き詰めて行きます。万一雨が侵入してもこの防水層で侵入を防ぎます。

 

↑このように隙間なく敷き詰めます。

 

次は外周部分(棟、軒、ケラバ、谷)の部材を取り付けます。

 ↑湿気を外に逃す為の通気口もあります。

 

↓続いて中側の部材を葺いていきます。

 

 

綺麗に仕上がりました。

これで屋根の葺き替え工事は完了です。  

 

次回はちょっと珍しい天窓部分の納まりをご紹介します。

 

建物内の湿気が高すぎるとシミやカビ等が発生します。その原因は雨漏れからかもしれません。

そういった雨漏れの予兆を発見したらすぐご相談ください。

 お問い合わせはこちらまで⇒



最新事例や日々の動きをSNSでも発信中。 よろしければフォローお願いします♪

Instagramアカウント

Facebookページ

Pinterestアカウント

アンビアンス公式LINEアカウントで季節のイベントやお得情報をいち早くお届けしています♪
LINEからのご質問やお申し込みも可能です(^^♪

ともだち追加はこちらから↓↓

友だち追加

記事一覧

1ページ (全39ページ中)

ページトップへ