スタッフブログ

瀬戸 龍哉 自己紹介へ

リノベーション工事その3 UB施工の流れ 

今回はUB施工の流れをダイジェストに解説します。

 

既存UB解体後です。配管・配線はそのままなのでやり直します。

新しい間取りに合わせて電気、水道、木下地を組み替えました。

 

↑↑↑ここまではUB取付工事の事前の仕込み工事(電気、水道、ガス、木下地)になります。

 

↓↓↓ここからはUB組み立ての施工当日の流れです。

先ずは床のフレームを設置します。 ここから設置位置(水平など)を決めます。 足の長さを調整中(とても大切)

 

躯体とフレームの足を接着剤で固定します。

今回は躯体面に段差があるのでブロックで高さを合わせます。

 

魔法瓶浴槽の断熱材を設置し、排水管を接続中 接続完了したら蓋をして、、、、

 

お掃除ラクラクほっカラリ床を設置 すかさず養生

 

先ほど接続した排水管の水漏れ確認。 水を張って時間を計測して漏れがないかをチェックします。

 

浴槽内に給水、給湯を取り込みます。 給水、給湯、排水の接続完了。

 

次の工程は浴槽の設置です。 設置完了したら、ここからは壁→天井と組み立てていきます。

 

骨組みになるフレームを組み立ててから パネルを貼っていきます。

 

天井も設置したら合わせ目の処理をします。 完成です。 内部を チラっと

 

最終の仕上げは工事の終盤になります。 

 

 朝の9:00からスタートし

部材の搬入→取付位置の確認→床を設置→浴槽設置→フレームを組み立て

壁パネル設置→天井パネル設置→水栓・アクセサリー類を設置→コーキング処理→掃除・片付け

夕方17:00までには施工完了となります

こんな感じで 基本は1日でUB設置工事は終わります。

 

 

次回は断熱工事の施工の流れを紹介したいと思います。

 

 

 

記事一覧|2021年2月

ページトップへ